髪の毛を生やす

Q. 1番の生える育毛法は何か?


A. それは、手遅れになる前に育毛対策をしっかり始めることです。

頭皮や髪が弱ってきてはいるものの、まだ完全に禿げきってはいない状態と、既に一度頭皮や毛根が壊滅しまった状態とでは、雲泥の差なのです。

一度枯らしてしまった植物にいくら水や栄養を与えても元には戻りません。



枯れた大地に草は生えません。
しかし、まだ少しでも毛が残っている状態なら、髪の毛がまた生える可能性は十分にあります。

育毛対策を始めるには、まず荒れた状態から健康な状態に改善する必要があります。
頭皮の血行が悪かったり、皮脂が詰まった状態ではそこから何をしても無意味です。

また、薄毛のシグナルが出ていないという場合は、育毛対策をしなくていいのかというとそんなことはありません。

現代人は薄毛になりやすい環境がそろっています。社会的なストレス、睡眠不足、欧米化した食生活、喫煙、飲酒などなど。

こういった生活習慣の乱れやストレスがある場合、たとえ遺伝的に薄毛の家系でなくてもハゲてしまう場合があるのです。

ですから、育毛対策は薄毛のシグナルが出る前に始めても早すぎるということは決してありません。


Q. 具体的に何をしたらよい?


A. 頭皮を健康な状態にし、血行をよくし、栄養を与えましょう。

頭皮マッサージを習慣化し、常に頭皮や髪に栄養を送ることが大切です。
毎日続けることで徐々に髪の毛にコシやハリが出てきます。
このとき、育毛剤を一緒に使うことで、より効果を高め発毛に繋がります。

ただし、育毛ケアや抜け毛対策は最低でも、1ヶ月以上続けて初めて少しずつ効果が実感できます。しかし、実際多くの人は、あまりしっかりと継続ができていないようです。

1度ちゃんと育毛ケアを始めようと決意したならば、育毛剤だけに限ることではなく頭皮マッサージや、髪の毛に良い生活習慣もある程度徹底して続けることが大事です。

やるからには抜け毛を減らし、毛が生えるまでぜったいやる!

という確固たる決意が必要です。生半可な気持ちでは髪を生やすことはできません。

しかし、育毛対策の努力の末にまた髪の毛が元気に生えてくるようになると、薄毛という大きな悩みも消え、自信も出てきます。

そうして日々の仕事や生活の中に少しずつ影響してくると、人生がどんどん充実していき好循環に変化するということに繋がるということは大いにあるのです。

薄毛が気になり、自分に自信が持てずに日々の行動がすべて消極的になってしまうことでは、楽しい人生を送ることができなくなります。それは非常にもったいないことです。


uo

U型・O型の薄毛に効く育毛剤を見る


m type
M型の薄毛に効く育毛剤を見る


女性タイプ
女性の薄毛に効く育毛剤を見る


コンプレックスは克服するためにある!


コンプレックスは劣等感となり、自分に自信が持てなくなります。
自分に自信が持てない人のパターンは大きく2つに分かれます。
それは、不満のエネルギーを内に溜めるタイプの人と、外に放出するタイプです。

内に溜めるタイプというのは、自分はダメなんだと自己否定をし、自分の殻に閉じこもって消極的になります。消極的というのは、人生の様々なチャンスを自ら放棄しているのを同じです。

外に放出するタイプというのは、他人に攻撃をします。
自分の生活圏内、外を問わずにうまくいかないことを人のせいにしがちで、他人の不幸を喜ぶようになります。そんなことをやっていても、自分の人生が好転するわけもなく、その結果、悪循環になります。

コンプレックスを抱いている人は、まず発想を変えてください。
コンプレックスというのは、克服をすると自信がつき、自分を心から尊重することができるようになります。

そして、仕事もプライベートも積極的な行動をとれるようになり、どんどん人生が好転していきます。

実は、コンプレックスというのは、見方を変えると、自分の人生を好転させるキッカケ、チャンスにもなるのです。



髪の毛を早く伸ばす方法とは?


髪の毛を切り過ぎた、今の髪型が気に入らないから早く変えたい、など理由は様々だと思いますが、早く髪の毛を伸ばしたいとお悩みの人は多いかとい思ます。

髪型ひとつでその日の気分も変わったりします。ばっちり決まった日なんかは、少しテンションも高くなったり、逆に髪型が最悪だったりすると、テンションも下がり、勉強も、仕事にも良い影響を与えなかったりします。

ここでは、できるだけ髪の毛を早く伸ばすために効果的な方法をご紹介します。


1.頭皮マッサージで血流をよくする



頭皮が硬い状況だと髪の毛が成長するのが妨げられます。当然髪の毛が生えるスピードは遅くなり、薄毛にもなりやすくなります。

頭皮マッサージをしてやることで頭皮が次第に柔らかくなって髪の毛が早く伸びやすい環境になります。

また、血流もアップして栄養が行き届きやすくなって成長がよくなります。

2. 栄養バランス取れた食事と食事時間をそろえる



おかずのメインがお肉ばかりの食事をしていれば頭皮も脂っぽくなり、髪の成長の障害になります。できるだけ魚と野菜がメイン食事にしバランスの良い食生活にしましょう。
そして、髪の毛の主原料はタンパク質ですので、大豆製品を多く摂取することも効果的です。

また、食事をする時間は、毎日同じ時間帯に揃えましょう。体に規則的で健康的なリズムをあたえましょう。夕食は、就寝の3時間前には終えるようにしましょう。


3. 毎日シャンプーで髪の毛を洗わないこと



たしかに髪の毛を毎日洗うことで余分な皮脂などを取り除いて毛穴の根詰まりを防ぐ効果はあるのですが、市販のシャンプーは洗浄力が強いので必要な皮脂まで取り除いてしまう場合があります。

すると頭皮が乾燥しやすくなってフケが出て根詰まりしてしまったり抜け毛を増やしてしまったりするのです。ですから髪の毛をお湯だけでサッと洗い流す日を設けたりするほうが髪の毛が早く伸びたり抜け毛を食い止められたりするのです。


4. 質の良い睡眠時間の確保



睡眠不足は当然体にも髪の成長にもよくありません。
そして、睡眠時間のタイミングも大切です。
毎日の寝る時間帯をなるべく合わせるようにしましょう。
髪は夜の10時から2時までが特に成長します。この時間帯に成長ホルモンが分泌されるからです。このあいだはできるだけ就寝しているようにしましょう。
※成長ホルモンは特に就寝中に分泌されます。

枕や寝具も自分の体に合わせて替えてみるということで睡眠の質も向上します。



5. ストレス解消



ストレスは、心身ともによい影響をあたえません。ストレスをためないように自分にあったストレス解消法をみつけましょう。
ストレスが溜まると血管が収縮して、全身への栄養の運びが鈍くなり、髪への栄養も運ばれにくくなります。これは、成長を妨げる原因です。
おすすめは、適度な運動を習慣づけることです。苦手は方はできるだけ歩く時間を多く持つようにしましょう。


6. 禁煙・減煙



喫煙しますと、血管が収縮し、血流が悪くなり髪に十分な栄養が届きにくくなります。
薄毛になりやすい体質の方にはとくに悪影響です。


7. 育毛剤を使用する

育毛剤は薄毛になっている部分にも効果的ですが当然生えている髪の毛にも影響します。栄養成分のある育毛剤を毎日塗布すれば髪の毛を早く伸ばすことができます。

できる対策から始めて髪の毛が成長しやすい環境にしてあげましょう。



【体験談レポート】私の髪の毛を早く伸ばす方法 〜20代女性〜



私は自分で髪を切っています。 というのも、美容院が苦手だからです。

女性だとカットだけでも一時間以上かかるし、あの延々とドライヤーを当てられるのも不快です。 だからといっていい大人の女性が激安カットに行くというのも恥ずかしいので、数年前から自分で切っています。

髪質的にセルフカットしやすいタイプだとは思うのですが、それでも最初のころはしょっちゅう失敗していたし、今でも時々あります。

そんなときはとにかくまとめるヘアスタイルにして伸びるのを待つしかないのですが、自分なりの髪の伸びを早くする対処法をもっています。 それはタンパク質を多めにとるということです。

特に髪を伸ばそうとして見つけた方法ではなく、ダイエットのために糖質制限をやっているときにたまたま気付きました。 糖質制限では糖質分のエネルギー不足を補うためにタンパク質を多めにとるのですが、タンパク質は細胞の入れ替わりに必要な栄養素です。

カロリーカット系のダイエットをしている女性で抜け毛が増えたり、髪が細くなったりという声がよく聞かれますが、それはたんぱく質不足であるケースがほとんどだと思われます。

私ももともとあまり肉を食べる方ではなかったのですが、糖質制限をしてよく食べるようになると、髪がつやつやとしてきて覿面に伸びるのが早くなりました。


髪と同じケラチンでできている爪の伸びも早いです。 髪を切り過ぎた方、もしお悩みでしたらぜひタンパク質を意識して摂取してみてください。


あなたは薄毛の人と付き合えますか?



私は今、何か仕事を見つけようとハローワークには、通っていますが、なかなか思うような仕事は見つけらず、この5カ月間は、無職です。

私は4年前に主人を癌で亡くしました。その当時はとても辛くて、寂しくて、まるで暗い落とし穴に一人落とされてしまったような、とてもネガティブな生活を送っていました。

でも、仕事をしていたので、半月くらいしか、休ませてもら得なかった分、仕事人間になってしまいました。

2人の娘を嫁がせた現在は、一人で暮らしています。そんな、今、思う事は、一人でご飯を食べることの寂しさです。再婚でなくても、たまに、一緒に食事をすることのできる男性がもしかしていれば、気持ちもかわってくるのでは、ないかということです。


主人を癌と知った時は、辛くて、気持ちが狂ってしまいそうな時がありました。

でも、病院では、主人と同じように癌と戦っておられる人たちをいっぱい見てきました。きつい抗がん剤の治療をうけたり、放射線治療をしておられる人がいっぱいおられました。


薬や治療のために髪の毛が薄くなったり、髪の毛が抜けてしまい苦しんでいる人たちをいっぱい見てきました。


でも、髪の毛が薄毛になっても、髪の毛がなくなってもそんなことは、たいしたことではなく、自分の病気と闘っている人ばかりでした。


私は、薄毛なんて、全然気には、なりません。その方の人柄、明るく、優しい方だったら、健康で元気な方だったら、見かけは、薄毛でもへっちゃらです。


薄毛の人も堂々としていてほしいと思います。性格の明るい方なら、薄毛でもお付き合いできますよ。

育毛対策体験談



髪を生やす方法について、もう7年近く考えてきました。

30歳になる前くらいから髪が薄くなり始めたので、それ以来、薄毛や育毛対策のたくさんの方法を実践してきました。 最初に取り組んだのは、今でも「日本で唯一の発毛剤」として有名な、あのリアップでした。

当時、発売開始になったばかりで注目されていましたから、これを使えば大丈夫だろうと考えていたのです。 しかし、私には効果がありませんでした。その後も、人気や話題になった育毛剤を数多く試してきました。

選び方というのもただ、有名だからとか、宣伝をたくさんしているからだとか、そんななんとなくな理由で決めていました。 そのときは、育毛剤だけではなく、育毛シャンプーや育毛サプリメントなどもいろいろと試していました。

が、やはり効果はみられませんでした。 このように様々な髪を生やす方法を試してきた私が考えたのは、髪を生やす方法としてまずやるべきことは、「健康な体を作る」ということでした。

どんなに効果のある育毛剤や育毛シャンプー、育毛サプリメントを使ったとしても、健康でなければ髪は生えてくることもなく、髪が増えたり、太くなることもなくて、どんどん髪は弱っていき、薄毛・抜け毛が進むだけなのです。

たとえば、野菜やお米を育てることを考えてみてください。野菜やお米を育てる際に重要なのは、「土」ですよね。種を植えて、根を張り、茎を太くし、大きくて美味しい実がなるためには、土壌・土台になる「土」が大切なのです。

土が悪ければ、どんなに優れた肥料を与えたとしても効果はありません。

死んだ大地に芽は生えないし、育たないのです。まずは土壌なんです。 髪を生やす方法も同じです。髪を生やすには、健康体が必要なのです

頭皮や毛根が健康なだけでは足りません。 体の全体が健康であることが必要ですし、体が健康であるためには、心の健康も必要です。

私が初めて育毛剤を使ったときは、健康に対するこの視点が欠けていました。 「育毛剤を使えば生えるだろう」としか考えていおらず、髪の毛が薄くなってきたころの生活を見直して、改善するなどということをしませんでした。 脂っこいものばかり食べ、暴飲暴食で太っていました。

運動不足でもあり、睡眠も不足していました。冬などは室内でもニット帽を被り続けていました。 育毛に対する意識も薄く、仕事のストレスを食べることで紛らしていような生活だったのです。

このような生活では、どんな育毛剤を使ったとしても髪は生えきませんし、そのままどんどん薄毛が進行して行きました。

「このままではいずれ完全にハゲてしまうのではないか」と恐ろしくなった私は、真剣に悩み、考えました。そのときに行き着いた髪を生やす方法が「健康体」ということだったのです。

栄養のバランスとカロリー計算考えたダイエットをして体重を落とし、今でも食事面は注意しています。
(脂っこいものは減らし、野菜や魚、大豆食品を多く摂るようにし、サプリメントも取り入れるようにしています) 睡眠時間や睡眠の質を意識し、軽い運動も習慣化しました。

ストレスを減らすのはなかなか難しいのですが、ストレスをためないように、うまく発散することを心がけています。 また、シャンプーは安価な界面活性剤を避け、無添加のアミノ酸系のものに変更しました。それも毎日洗うのは控え、あまり汚れていないような日は、お湯だけで洗うように変えました。
(洗髪のしすぎは必要な皮脂もとってしまい、皮脂が過剰に分泌されるようになるので)

そして、週に2.3回は蒸しタオルで頭皮を柔らかくし、頭皮マッサージ→育毛剤を塗布する習慣もつきました。(育毛対策で始めたのですが、蒸しタオルほんとうには気持ちが良く今ではやみつきになっています) こうして健康体を取り戻したころから、育毛剤(いまはチャップアップを使用中)の効果も出てくるようになりました。健康ではなかったから今頃は、もっと薄毛になっていたのでしょう。

健康になることが髪を生やす方法と考えたのは間違いでなかったのです。 徐々に抜け毛も減り、髪の毛にコシとハリが出てきたことで髪型のセットもきまるようになり、コンプレックス意識もなくなり外見でも少しずつ自信を取り戻せるようになってきました。オシャレにも気をつかうようになりました。

そうなると、不思議なもので仕事やプライベートもいろいろと物事がうまくまわるようになってきました。

まわりからも、「最近、自信に満ちあふれてる感じ」などと言われます。実体験ながら、ひとつのきっかけで人生は変わるんだなぁと実感しています。

私がおこなっている育毛対策は、男性にも女性にも効果はあるものだと思います。薄毛に悩んでいる方は、まず体と頭皮を健康な状態にしてから、育毛剤なりを与えていくというのが元気に髪を生やす方法だといえるでしょう。

※なにごとも過度な行為は逆効果になりますので、やりすぎてストレスに感じるほどにはならないようにおこなっていきましょう。



→髪を生やす最善の方法【生える育毛剤ランキング】トップページへ