髪を生やす

薄毛チェック

薄毛チェック方法!早め早めの育毛対策をしましょう。



心労が多かった日の数日後、シャンプーしたら髪がごっそりと抜けてきた、という経験をお持ちの方も多いでしょう。



このように、髪をささえている頭皮は、ストレスにとても弱いのです。 また、頭皮そのものがとても薄い皮膚ですから、パーマやヘアカラーの刺激でも髪はどんどん抜けていきます。

加齢による薄毛が進んでいるのに、白髪が出てきたからとヘアカラーを重ね、ボリュームが減ったからとパーマをかけていては、頭皮が悲鳴を上げ、髪はどんどん抜けて細くなっていきます。

体毛は抜けるのを繰り返すと細くなっていきます。それは髪の毛も同じことなんですね。 まず、薄毛かどうかチェックしてみましょう。

お風呂でのチェック方法が一番、簡単です。 洗ったばかりの髪の束を掴んで、思った以上に髪が減っていたら薄毛のサインです。 減っているだけではなく、髪そのものが細くなってもいます。

抜け毛の多さもチェックポイントのひとつです。 また、なんとなく生え際が後退してきた気がする等、目に見えて髪が減ってきたとわかる事もあるでしょう。 このチェック方法で薄毛を自覚したら、早いうちに育毛対策をしましょう。 まず、頭皮への刺激をいくらでも少なくすることが大事です。

パーマやカラーリングは、いままでよりも回数を減らして頭皮を休ませましょう。 シャンプーは弱酸性の、アミノ酸が多い育毛シャンプーに変え、なるべく毎日シャンプーしましょう。

シャンプーの回数が多いと、余計に髪の毛が抜けるのでは…と心配する方もいますが、シャンプーの目的は頭皮を清潔にするためでもあります。

毛穴に汚れや皮脂が詰まることが、抜け毛と薄毛の大きな原因になるのです。 シャンプー後は、育毛剤で頭皮をケアしましょう。

頭皮の血行を増して発毛を促すため、自分にあった育毛剤を選びましょう。これには少し時間がかかりますが、何種類か試してみるといいです。 そして、いちばん大事なのが生活を見直すことです。

ストレスが多く、不規則な生活は確実に薄毛を進めてしまいます。

また、油分の多い食事、辛いものなど刺激物の多い食事、お酒、タバコなどで頭皮を傷めていませんか。 頭皮は、『薄い敏感な皮膚』だと思ってください。

たとえば腕の皮膚が頭皮と同じ構造だったら、洋服の刺激であっという間に傷み、こすれて産毛が抜けていくでしょう。
それだけ、頭皮はひ弱なものだと意識して、刺激は極力減らしましょう。

ストレスは避けられないものですから、あまりにストレスの多い日々なら、相談できる、愚痴を言い合えるお友達とたまにはじっくりおしゃべりするのもいいですね。
ストレスがひどい場合は、カウンセラーのいる皮膚科に行くのもいいです。

皮膚はとてもストレスに弱いので、皮膚科と神経科が一緒にある病院もあるくらいですから、口コミなどで自分にあった病院を探しましょう。

そして栄養バランスの良い食生活をしながら、気長に育毛対策をしていきましょう。 育毛について不安があったら、早めに皮膚科の先生に相談するのも安心です。

育毛対策はいつから始めればよい?


最近抜け毛が多い、つむじ当たりの頭皮が透けて見えてきているという場合はすぐに育毛対策を始めるべきです。


薄毛というのは放置しておくとあっという間に進行してしまいます。薄毛のシグナルが出ているのであれば手遅れになる前にすぐに育毛対策を始めるのがベストです。気がついたら手遅れだったなんていうこともあるのです。

年齢的にもいつごろから育毛対策を始めればよいかというと、できるだけ早く20代前半から始めるのがベターです。早い段階で、髪と頭皮の良い健康状態を維持しておくということは何よりも効果的な育毛対策になります。

10代から育毛剤を始めるというのは、さすがに早すぎる気もしますが、頭皮マッサージを習慣化したり、髪の毛に良い栄養素を多く含んだ食事を意識的に増やすなどは、20歳前でもやっておくにこしたことはないでしょう。

※ただし、間違った習慣や過度な行為は、何事も負担になりますので、摂取栄養の偏りや頭皮マッサージなどは適切に、ほどほどにする必要があります。


最初は育毛剤などを使用するというよりは、育毛トニックなどを使用して頭皮のマッサージで血行を良くし、環境を常に正常にしておく対策が効果的です。もちろんこのとき生活習慣が乱れないように心掛けストレスをためないようにしておくことも大切です。


20代後半になって髪の毛が少しでも少なくなってきたかなと思ったら、市販の育毛剤を使用するかフェナステリド配合の飲むタイプの育毛剤を使用するのがおススメです。


30代になると薄毛の可能性がグンと跳ね上がるので、その前に育毛対策を取っておくと非常に効果が高いのです。

育毛対策というのはできるだけ早く行うことが薄毛を対策し改善するのには効果的です。とはいえ、薄毛が多少していても今の育毛剤などの商品は質が良くなっているので昔よりも改善しやすくなっています。


ですから薄毛になってきている30代、40代の方でもあきらめる必要はありません。一番いけないのは薄毛を心配しつつ何も手段を講じないことです。

今より健康な状態にもっていけば、何もしないよりは確実に頭皮の老化の進行を遅らせることが出来ます。



薄毛を気にしないのであればよいですが、気になるのであれば手遅れになる前に育毛対策をするべきです。





→髪を生やす最善の方法【生える育毛剤ランキング】トップページへ