髪を生やす

AGA治療

薄毛対策に効果的!AGA治療とは?


薄毛対策は、様々な商品をはじめとし、治療方法など多くの対策があると思います。

その中でも、薄毛に悩むほとんどの男性において、薄毛の原因になっているAGA(男性型脱毛症)です。症状改善には、AGA専用の治療を行う事が最も有効的な方法だと言われています。


まずは、クリニックを受診し自分の薄毛の原因がAGAにあるのか診察してもらいます。

その結果、AGA治療が必要だとなった場合、AGA治療を開始する事になるのですが、その際、気になるのが、診察料やAGA治療に必要な薬にかかる金額になってきます。

一般的に病気などで病院を受診する際、保険の適応を受ける事ができる為、診察及び薬への負担額は軽減させる事が可能になっています。

しかし、AGA治療の場合、このような一般的な病気とは異なり、保険適応外となってしまいます。その為、治療にかかる診察代、薬代などにおいては、すべて実費になります。一般的に1か月間に必要な薬代は、8000円前後。それプラス、診察代を加えると10000円から15000円ほど必要になってくるケースが多くなってきています。

しかし、これはあくまでも目安の金額となっており、AGA治療の場合、自由診療になっている為、診察代から薬代まで病院によって、大きく異なってくる場合があるのです。
その為、初めに金額について問い合わせしておくと安心かと思います。

また、薬においては、ネットなどで購入する事も可能になっており、その場合、金額を抑える事ができるメリットがあるものの、やはり、偽物や万が一何か副作用が出た際の対処方法などといったデメリットがあります。

薬を服用する期間においては、半年ほどで効果を実感する事ができると言った人が多いものの、服用を止めてしまうとすぐに薄毛が進行し始める場合が多く、そのような事から、薄毛対策を行う為には一生飲み続けていかなければいけない薬だと言う事が言えます。

このように、効果を実感する事ができる期待の大きなAGA治療ですが、治療と言っても、保険適応外と言う事で、治療費において、大きな負担があると言う事は避けて通る事は出来ません。

30歳から始めて70歳まで飲むことになると、1ヶ月1万円として、1年で12万円、40年で480万円も払うということになるのです。

その為、治療を行い際は、治療費の事もしっかりと考えた上で、開始することをお勧めします。


【体験談レポート】AGA治療を受けてみた感想と効果 〜30代男性〜


プロペシアという白色の錠剤1か月分28錠を半年続けた結果


昨年ネットでAGA治療を行っている皮膚科を検索し実際に治療を受けてみた体験談となりますので薄毛で悩んでる方は参考にされて下さい。

AGA治療の流れとしましては初診では個室にて医師からのカウンセリングを受けて今後の治療方法やAGA治療の説明を受けます。

また私の場合は血液の検査で採血をして検査結果が出る1週間後に再度来院して下さいとの事でした。

これまでに様々な育毛対策をとってきましたが医師に何でも相談できたところが一番のメリットで安心感、もしかしたら発毛できるかもという期待が多いに持てました。

血液検査の結果肝臓の数値が少し良くないと言われましたがAGA治療する分には問題ないとの事で早速治療が開始されました。

診察の結果処法されたのはプロペシアという白色の錠剤1か月分28錠のみでした。

併用してミノキシジル含有の育毛剤も勧められましたが個人で購入し使用していた育毛剤がありましたのでプロペシアのみでの治療となりました。

ただAGA治療を受ける上ではデメリットもあり、副作用が発症する方も中にはいるという事と治療を受けるにあたり国民健康保険の適用外となりますので全額自己負担を強いられるところです。

私の場合は経済的な理由から半年間だけのAGA治療となり発毛効果までには至りませんでしたが1年、2年と継続していれば結果は変わっていたかも知れません。

ただプロペシアについては薄毛で悩む方が服用すると多くの方に改善効果、現状維持効果が見られたデータもありますので諦めずに継続する事が大事です。


育毛剤の選び方


薄毛が気になりだしたとき、多くの人が育毛剤を使ってケアを始めると思います。確かにそれは間違いではないのですが、それでは効果が出ないことがあります。なぜ効果が出ないのでしょうか?




その多くは育毛剤の選び方を間違っているからです。育毛剤と一口に言っても種類はたくさんあります。

原因別に分かれているので、薄毛の原因をしっかりと見極めて選ばないと効果が出ないということがあるのです。値段の高さや栄養素の多さだけで選んでも自分の薄毛に効果があるとは限らないのです。

ここでは、育毛剤のタイプを見ながら育毛剤の選び方をお伝えしていきたいと思います。


1.血行促進タイプ


まず一つ目のタイプは血行促進タイプの育毛剤です。

このタイプの育毛剤は、毛細血管を拡張することで頭皮の血行を促進して十分な栄養素を毛乳頭にいきわたらせてくれます。

基本的に多くの育毛剤に多かれ少なかれ血行促進の成分が含まれていて、迷ったら血行促進タイプをまず試してみるのがベターです。

ちなみにこのタイプの育毛剤は血流があまり良くない冷え性の人、これまでの生活習慣が良くなくたばこを吸う人などに効果的です。

 

2.男性ホルモン抑制タイプ


男性の薄毛の原因として最も多いのが男性ホルモンの影響、つまり遺伝です。

親やおじいちゃんなどが薄毛で自分も薄毛ということであれば遺伝の可能性が高いので、この場合は男性ホルモン抑制タイプの育毛剤を使うと効果的です。
とくに、男性は母親方の家系の薄毛だと薄毛になりやすいといわれます。


3.毛母細胞活性タイプ


主に頭皮に栄養を与える効果で薄毛改善を図るものです。

つまり、頭皮に十分な栄養が行き届いていない人に向いている育毛剤であり、食事などで不摂生してきたい人にはぴったりです。

 

4.皮脂分泌抑制タイプ


皮脂は、本来は頭皮を保護するために重要で必要な分泌物です。

皮脂が多く分泌されすぎると毛穴をふさいでしまって薄毛が進行していきます。この症状を改善する目的で作られた育毛剤であり、頭皮が脂ぎっている人に最適です。


このように育毛剤はいろいろな種類があります。薄毛の原因と違った育毛剤を使用しても効果が出ないのは当たり前です。

まずは自分の薄毛の原因がどうしておこているのか、その原因を見極めることが育毛剤の選び方のポイントです。


 

ハゲの進行も人によって様々

 

薄毛の進行の仕方も人によって様々なです。それぞれのタイプで効果的な成分や対策も異なります。

育毛ケアをはじめようとする場合、まずご自分の薄毛はどのタイプの薄毛に当てはまるかを認識する必要があります。





クリニックでのAGA(男性型脱毛症)の処方は主に2種類

 

「フィナステリド」に代表される「飲むタイプ」

フィナステリドとは飲む育毛剤「プロペシア」の主成分で、
フィナステリド錠とは、つまりプロペシアの錠剤と同じことです。
(プロペシアとは商品名です。)

フィナステリド錠はもともと前立腺肥大の治療に使われていた薬でしたが、
その後AGA(男性型脱毛症)に効果があるということがたまたまわかり、育毛剤の治療薬として開発されました。

※プロペシアは医師の処方箋が必要なので、市販されておりません。


「ミノキシジル」に代表される「頭皮につけるタイプ」

ミノキシジルは、リアップなどドラッグストアなどでも購入できる市販の薬用育毛剤などにも使用されています。もともとは、血圧降下剤として使われていましたので、低血圧の人が使用の際は医師に相談してください。


もしも自分で薄毛の原因がわからないというのであれば、これもお医者さんに相談するようにしましょう。


→プロペシアやミノキシジルのメリットとデメリット


【体験談レポート】育毛対策で気を付けておきたいポイント〜40代男性〜


私は、これまでに育毛対策として育毛剤、プロペシア服用、育毛シャンプーなどを試してきましたが副作用にも注意して使用してきました。

はじめに、AGA治療を受けた際には医師から副作用の説明を受け、さらに間違った使い方をすれば、デメリットとなると言われました。また、血液検査の肝臓の数値が芳しくなければ治療も受けられませんので注意が必要とも言われました。

クリニックでは、プロペシアを処方してもらい、日本皮膚科学会が推奨するミノキシジル成分配合の育毛剤も使用しています。
こちらは、人によってもかゆみや発疹、動悸などの副作用もありますので全ての育毛対策が合うとは限りません。

プロペシアは、1日1錠、ミノキシジル成分配合の育毛剤は、朝と晩に1回ずつと正しい用量、用法でかつ継続しています。

私は、ミノキシジルの育毛剤の塗布とプロペシアの服用を始めてから1年ほどで少しずつ髪の量が戻ってきました。どちらも同じタイミングで始めたので、正直、どちらが効いているのかわからないので、そのまま続けています。
プロペシアとミノキシジル育毛剤で毎月2万円近くかかっています。(泣)

※プロペシアとミノキシジルは、1度使用すると途中で止めた場合には、またすぐ髪の毛が抜け始めますので、それなりの覚悟とお金が必要だということは肝に命じておいてください。






→髪を生やす最善の方法【生える育毛剤ランキング】トップページへ